2008年12月23日

帰国

まだ身体が揺れている気がする。やっぱり12時間は長い。
成田からの帰り道、去年と同じようにマツモトキヨシへ。
欲しいものが目の前にあるって素晴らしい。

今夜はさまぁ~ずとくりぃむしちゅーが特番?!をやるみたいだけど、
夜中なもんで無理。飛行機ではほとんど寝られなかったので、
今はかな~り眠い。

機内で『ヘキサゴン』を見た。10月くらいに放送されたもののよう。
日本人なのにスザンヌとか言う人と、似たような化粧(目の周りを
アイラインでパンダのようにぐるっと囲んだ)をしたお姉ちゃんたちが
アイドルっぽく歌っていて、紳助がやたらかわいいを連発していた。
世間もああいうのがかわいいと思っているとか?私にはどこが
いいんだかサッパリ。

部活帰りの高校生が、チャリンコで連なって帰っているところを
見ると、「ああ、日本だー」。

2008年12月20日

ワルシャワの親方

ロンドンの某日系食料品店でセールをやっているので、
2ヶ月ぶりに行ってきた。
もうすぐ日本だというのに、セールとはいえ、日本と比べたら
まだまだ高い日系食料品店に今行くのは変な感じもするけど、
日本から欲しいもの全て買って帰る訳にもいかないので。

で、色々買ったのだが、その中には、今回初めて見て、
ちょっ~と目が釘付けになったものが。
最初、OYAKATAの文字を見た時、よくある日本のものと
見せかけたパチモンかと思ったのだが、手にとって見れば
AJINOMOTOの文字も。パッケージの裏を見たら、
ポーランドの味の素が作っていることが判明。

★AJINOMOTO OYAKATA NOODLES / 親方ラーメン

お店にはそばバージョンもあったのだが、とりあえずラーメン
から攻めてみることにした。
カレーそばは、カレー南蛮のそばで食べることもあるけど、
カレーラーメンってそんなにメジャーなもの?!カップヌードルの
カレー以外、食べたことないけど・・・このラーメンの
ポーランドでの人気のほどを知りたい。

2008年12月15日

熊ファン

発言小町にて、興味深いトピックが。

★テディベアと一緒に食事をしますか?

色んな人がいるんだ・・・

2008年11月2日

エコエコアザラク

私の時間をあっという間に奪う「発言小町」でのトピック。

★違うお店のエコバッグを使うのは失礼? / 発言小町

いーじゃないの、どこの店のもの使ったって。
たかがエコバッグなんだし。

先日、TESCOで"Dean & DeLuca"の手提げを
持っている人を目撃。
イギリスにもできたのか?と思いつつ、持ち主の顔を見たら
日本人だった。大人気なんだ~

2008年10月25日

氷P

今更ではあるけど、ネットって本当にスゴいなとつくづく
思う今日この頃。?と思ったことをネットで探すと、大抵の
ことはすぐわかってしまう。
今、BBCでRazorlightっていうバンドが歌っている。
彼らはアメリカのバンドだと思っていたのだが、ネットで調べたら
イギリスだということが判明。すっきりした。

昨日は、YouTubeで色々見つけては感慨に耽った。

85年、ミュージックウェーブ出演時のBOØWY。ホラーマンと
見間違えそうなヒムロックのこけた頬がすごい。
違う曲で、知人が映ったのには驚いた。


ウッチャンを彷彿させる髪型。肌も白いな。あからさまな口パク。
はだけたシャツは、着るのか脱ぐのかはっきりしたほうがいいのでは?!
ギターを持つ姿にすごく違和感。腕前はいかほど?

2008年9月3日

Prince Charming

阪急百貨店と阪神百貨店って統合するんだ。知らなかった~!
阪急は有楽町にあるやつしか行ったことがないし、阪神百貨店は全然。
梅田にあるってことくらいしか・・・なじみナシ。

★阪急限定の王子様です / Sesseで手作り

久しぶりに刈り込みマズルじゃないチーキーちゃんだ。
上と下の写真だと、下のチーキーのほうがかわいいぞ。
"スミレ"だけだとよくありがちなチャームだけど、"トラ"も付けちゃうと
一気に庶民的になるな。異色な組み合わせだ。スワロフスキーの
職人さんも「??」と思ったに違いない。
色は置いといて、なんで"プリンス"なんだろう??

2008年8月30日

舘ひろしとトンカツ屋で

Duffyを手に入れた時から、Cheeky Cubと並べてみたかったので。
似ているかな?!と思ったが、比べてみたら違ってた。そりゃそうか。

Cubを買ったのは2003年の秋頃。たまたま立ち寄った伊勢丹の
ベアショップにて購入。顔選びをして捕獲した記憶が。
しかし、これまた購入後5年経って初めて気づいたのだが、
選りすぐったはずなのに、右腕が左よりもかなり短い。付いている
位置も平行じゃないし。あと、リボンの下のモヘアの色が
よだれかけのように色が薄いベージュだったことも判明。
かなり王道チーキーちゃんから離れたデザインなのだが、どういう
趣旨で作られたのだろう?発売日はいつ?(今頃疑問)

タグを引っ張り出してきたのだが、文章がどうがんばっても判読
不可能。明るい所で角度を調節してやっと"CHEEKY CUB"の
文字が読める。ボールペンで書かれたナンバーはくっきりだけど。
こんなんでタグの役目を果たしているのやら・・・

Cubをじーっと見つめていたら、

柳沢慎吾・・・?!

「あばよ!!」

2008年7月31日

好みは置いといて・・・

朝起きて、半分寝ぼけた頭が一気に冴えた一品。

★MERRYTHOUGHT × ILLUSTRATOR LIO BEARDSLEY /
装苑 fasion portal site


カラフルな色使いや小物が強烈。イギリス人や日本人には
思いつかないデザインかも?!
陰になっていてよく見えないのだが、もしかしたら、鼻は
メリーソートが刈り込みマズルの次に一押ししようとしている
刺繍のやつ?!

香港のToy Museumにて限定発売中とのことだが、
あのミュージアムってまだやっていたのか。ここ何年かは
限定チーキーやパンキンが発売されていなかったし、
サイトも見つからなかったので、もうやめちゃったのかと
思っていた。どんなミュージアム?!

本文で、「この12cmの高さのテディベアは…」って載っているけど、
cmじゃなくてinchの間違いでしょ。12cmって、小さッ!

2008年7月29日

Deathtopia

最近、ふとしたことで昔のことを思い出す。

15年位前か、「ガキの使い」の公録に当たって、
日テレから電話がかかってきた。仕事で行けなかったのだが、
今思えば行っときゃよかった・・・
ヘイポーは、都内で二回目撃したことアリ。

昔、某バンドの追っかけもどきをしていたのだが(;´∀`)
そのバンド(既に解散済み)のVo.が今年45歳になった
ことが判明。彼が24歳の誕生日当日、ライブ後に出待ちを
してサインを貰ったのだが、あれから21年も経っていたとは・・・

2008年7月23日

梅田

うめだ阪急のチーキーちゃんたち、発表。

★うめだ阪急先行販売チーキーについて / Sesseで手づくり

可愛らしいデザイン(白・黒を除く)。私がいいなと
思ったのはマーガレット。モヘアの色が好き。
手のマーガレットは、シークレットオークションに出てた
チーキーのパ×△?!
あら、くり●★がここにも?!
そして、やっぱりみ~んな刈り込みマズル!

日本限定が発表されるたびに思うのだけど、世界限定と
比べると、デザインが凝っているというか、かなり検討した
感が(出来栄えは別にして)。世界限定も、もうちょっと
練りに練ってほしい~(明後日の方向に行きがちなことも・・・)

2008年7月19日

じゃこ、ウメーよ!

お蔭様で、リンパの腫れはほぼ引いた。まだツバを飲むと
少ォ~しだけ違和感を感じるような気がしないでもない。
ただ声が。超低音&ガラガラ声。こんなの初めて。
原因はこの気候にアリとニラんでいる。夜と朝方はまだ
ヒーター活躍中。日中は20度前後で、曇り時々雨ばかり。
カレンダー見て、やっと今は夏なんだと思い出すくらい。
巷では、気温関係なく、今は夏なんだから!とタンクトップに
鳥肌で決めている人たちがいる一方で、寒いんだよ!と
ダウンジャケット&ブーツ、セーターの人たちも。
いつ何時見ても違和感・・・

ちょっと前に、チーキーたちが載っているからとSesseの
チラシを頂いた。
それを見て、私はまた阪急電車色だと思っていたのだが、
↓のページを見たら茶色だった。

★「テディベアフェスティバル2008」スペシャル企画のご案内です
/ Sesseで手づくり


それだけです・・・

2008年7月12日

おまけかよ!

我が家にはやって来なかった一品。
Cheeky Blossom 約12" 限定1体
オープンデーのシークレットオークションに出品されていたチーキー。
最初にこのチーキーを会報で見た時、「こういうのを、世界限定で
出せばいいのに~」と思った。今でも思う。
セールで目ぼしい収穫がなければいっちゃうか?!と密かに
思っていたのだが、4体捕獲してしまったので、入札を断念。
£200でもダメだったかも!?

最後かよ!

ビックリした一品。

Cheeky Duffyさん、でいいのであろうか?!
タグはもちろん付属品も一切ナシ。11.5"。セールに出すってことで、
B.Baggyチーキーに付けたレースっぽいリボンを付けられていた。
背中の左足上には、ちゃんとミッキーの形の刺繍が入っている。
メリーソートのレーベルなし。白いレーベルのみ足に付いている。
右足が左よりちょっと長め。
まさか、こんなのまでセールに出るとは思いも寄らなかったので
本当に驚いた。正規品はさぞかし高かったに違いない。

タオルかよ!

彼もまた、ベア山の中に埋もれていた一品。
名前不明。一昨年、名古屋の三越で発売されたカドリーチーキーに
似ているような(素材しか覚えてないけど)?もちろんタグなし。11"。
くたくたではないビーニータイプ。元々はクリーム色の細いリボンを
付けていたが、B.Baggyチーキーが付けていたものに替えてみた。
偶然にもいっぺんに二体捕獲できたので、余裕こいて顔選びまで。
これもまた、普通に発売されたらまず手を出すことはないであろう
タイプだが、安かったんで♪ ギャンブルしてみた次第。
が、彼にも欠点が一つ。気が付くと糸が抜けている・・・

誰だよ!

セールで、山盛りのベアの中から偶然発見した一品。
タグなし。11.5"。"カッチカチやぞ!!"(©ザブングル)なので、去年に
作られたはず。目はガラス製なので、14歳以下には与えるなって
いう警告のレーベル付き。
この大きさに、このサイズの目の組み合わせって結構かわいい。
色も好き。
家に帰ってきて、何気に奥を見ていたら、いるぢゃん、同じの!
どうやら彼は、"Beeps Cheeky Ⅷ Ambre"っていう名前らしい。
Ambre?Amberじゃないの??
でも、サイズが10"ってなっている。彼は、どうがんばっても軽く
10"を超えてしまっているので、オープンデーのセールに登場?
どうでもいいか。縁があったということで。

2008年7月11日

緑かよ!

「困った時は色をつっこめ」という教えにそってみた。
Snake Punkinhead 16"(公称15")2001年 100体限定
いまさら感があるパンキンだが、前から気にはなっていた。
本当は10インチのほうがよかったのだけど、eベーにも出品されて
いるように、肝心のヘビくんが付いていなかった。顔はなかなか
ツブ揃いのヘビなし10インチがいっぱいいた。でも、ヘビなしぢゃあ
魅力半減。ってことで、住宅事情をおもいっきり無視して15。
しかし、この大きさで£25(約5,300円)!そしてタグ付き。
元々は£40だった模様(25の値札の下に貼ってあった)人気ナシかい!
太い黒糸でキリリと刺繍された口元と、赤い舌を出したヘビくんがイカす♪

2008年7月10日

5時おき刑事

今年も去年と同様、入り口すぐそばにオープンデーチーキーが
並べられていた。
写真は、開場前の内部風景。一番奥がセール会場。
待っている間に、どのチーキーにしようか一生懸命見たのだが、
モヘアがまだら色のため表情がよく見えず。
時間が来て、ホームズ氏の「Off you go!」の掛け声と共に入場。
多少見たのだが、訳がわからなくなり、顔選びは後回しにして
セールへ突入。
セール品を確保した後、じっくりチェック。こんな色↑のモヘアなので、
一体ずつ取り上げてみないと顔がよく見えない。
全部はチェックしきれなかったが(途中で飽きた)、納得いくものを入手。
やって来たのがコレ↓
Baby Baggy Cheeky 13"(公称12")
本当は緑のリボンを付けていたのだが、セールで買ったチーキーの
一体が付けていたのを拝借。
モヘアがまだら模様のためか、刈り込みマズルもあまり目立たず。
ビーニータイプで、ドッシリと重い。
リボンでよくわからないのだが、お腹がかなり出ている。妊婦系。
それがBaby Baggyデザインだそう。普通に発売されたら、
まず手を出すことはないタイプのチーキーなのだが、このドッシリ
した形が気に入った。

2008年7月8日

わかりました~

去年のオープンデーのセールで捕獲した謎のチーキーちゃん
(プロトタイプ)。
手足が極端に短く、こうもりみたいに羽を広げたような形。
作りかけ?バックパックの紐がついていない状態?
色々考えてはみたのだが、埒が明かないので、こういう時の
パークス氏だよ、ってことで、去年の三越の時にお見せして
正体を教えてもらおうと思ったのだが、私としたことが日本に
持っていくのを忘れた・・・ということで、今度こそパークス氏に
謎を解いてもらおうと思っていた。
↑は『More Merrythought Magic』に載っているMiniature Bear。
このチーキーは、ミニチュアベアのチーキーバージョンだという
ことが判明。
いや~、そんなの夢にも思わなかった。さすがパークス氏。
ミニチュアベアが作られた経緯も教えて頂き、とても勉強になった。
たった£5だったが、普通のチーキーとは一味違うユニークな
ものだということが判明し、捕獲してよかった♪と改めて大満足。

2008年7月6日

京都のトマト

今年のオープンデーは例年と違って、
なかなか有意義なイベントであった。
今年はお買い上げ袋が二つ。
かなり厳選して購入。
オープンデーのチーキーはまたしても
例の手提げ袋入り。この袋、
別になくても・・・

今年は、去年よりもかなり来客数が少なかったように思う。
天気のせい?予報どおり、激しいにわか雨が時々降ったけど、
雨の合間はかなりいい天気だった。それか、メリーソートは
もうなくなっちゃったって思っている人、まだ結構いるのかも。
あとは客層の更なる高齢化・・・それでも、やっぱり、「それ、絶対に
金儲け用の購入だよね」的な人たちは来ていた。縦1mくらいの
メリーソートのビニール袋2つ、3つにベアがギュウギュウ。

チーキー、去年ほどは放出されていなかったように思う。
そんなに古いのはなく、2、3年前くらいのものが多かった。
今回、日本限定のレーベル付けたものは見なかった。
って。あった、あった!蓼科のりんごチーキー、もしくはパンキン
(うろ覚え)26インチのやつ。ハロッズの8インチのシンプルな
チーキーが結構あった。オドソックス、何体かいたようで、購入
している人を見た。例の帽子とソックスを他のチーキーに被せて
売っていた。もうなんでもアリだぞ。
お買い上げ価格£115のところに£100の請求。ラッキ~♪

ちなみに、チーキー10"サイズだと£20から£35くらい。
eベーで購入予定の方はご参考に。

2008年4月28日

オーッス!

最初は一体で十分満足だったのに、売りに出されているのを
発見すると「仲間を増やさなければ!」という意欲がフツフツと
沸いてきてしまい、ついに5体に。
しかし、同じ型紙からできているはずなのに、大きさ、表情、
足の裏のフェルトの大きさ、メリーソートのラベルの位置、すべて
バラッバラ。いくら作った人が全て違うとはいえ、これって品質の点
からいってどうなんだろう?シュタイフだったら、かなりの確立で
アウトのような気がする。

この中の一体は、メリーソートのラベルが最初から付いていなくて、
オープンデーで特別に付けてもらった。でも、発売当初のラベルと
現在のとでは微妙に違っている。

COLKIDさんのサイトで、初めてこのDo Fingsを知って虜に。
サイト、早く再開しないかなぁ~

2008年3月27日

卡樂B蝦條

私のお気に入りの場所となりつつある、近所のTESCOの
中国食品売り場。今日は新たに、「かっぱえびせん」を発見。
中国食料品店に行くと、よくバッタモンのえびせんを見かけるが、
これはカルビーお墨付きのタイ製。味も日本のものと全く同じ。
本当に、「やめられない とまらない」であった。
卡樂Bでカルビー、蝦條でえびせん、と思われる。

2008年3月24日

猫男爵

先日、テレビ出演して歌っているSiouxsieを初めて見た。
昔とあまり変わってはいなかったが、カルーセル麻紀でもあった。

かなり前に、AOLのCMで見かけた。初めて見た時から
ソックリ!と思っていたのだが、ちょっとしか映らず、詳細が
よくわからなかった。
しかし、今日、某クイズ番組(再放送)に出ているのを偶然
見かけた。彼の名はChineseElvis。名前の通り、中国人で
エルビスのものまねをやっている。かなり真剣に。有名らしい。
でも、素性とかはどうでもいい。
有吉に似ている、ってことを言いたかっただけ。

2008年3月5日

赤!真っ赤な太陽に 白!ぽっかり白い雲

初めて新作のカタログの画像を見た時から、「リボン、どうよ?」と
思っていた。ダメとまでは言わないが、なんかぼやけ気味で
パンチが足りない感じ。
で、実際に手にしてみたら、やっぱりその通りであった。

家にあるリボンを漁っていたら、赤系の↓を発見。
このリボン、元の水色よりも少し太めだが、なかなかのインパクトで、
顔周りがパッと明るくなった。紅白でめでたいぞ。おまけに、
ウィッシュボーン柄でテディとおそろいだ♪

2008年2月27日

十五の夜

日曜日に行った、毎年二月恒例の「Winter Bearfest」にて、
「Bedtime Bertie」を捕獲したお店で購入。
棚の一番上にちょこんと座っていた。ちょっと離れた所から発見
したのだが、一発で気に入ってお買い上げ。タグもリボンも
新品同様。元の持ち主は購入後、ずっとしまってあったに違いない。

このチーキーの特徴と言っていいのかどうかわからないが、耳に
鈴が入っていなくて、手と足のフェルトの部分に、刺繍がない。

8インチだが、惚れ惚れする頭の形。なんで今はこういう風に
作れないの(・_・?)

2008年1月25日

戻りました。

イギリスに戻ってきた。まだ家中あちこちに荷物があって、
足の踏み場がない。
2ヶ月近くの滞在だったのだが、日本に行っていたのが夢のよう。
昨日帰ってきたのに、すでに半年くらい前のような感じがする。

飛行機の中から撮ったロンドン市街の写真

ず~っと使っていなかったデビットカードの暗証番号をすっかり
忘れてしまい、カードが使えない。私の記憶力は衰えるばかり・・・

2008年1月2日

ほろよい酔虎伝

「ミニさま」、ご覧になっているであろうか?
ちなみに、今日は夜中のみ放送。録画機材がない家庭
(それは我が実家)には非常にキビシー。

昨日のお昼頃、偶然にもテレビをつけたらテレ東で、、
「演歌のマサカズ」が始まるところだった。
David Byrneを髣髴させるブカブカのジャケットを着た
マサカズが、歌った曲は「ほろよい酔虎伝」。
気持ちよさげに、かなりノリノリで歌っていた。

この歌、この番組のためだけに急遽作られたのかと思って
いたが、あの冠二郎の持ち歌だった。2005年6月22日発売。
知らなかったよ~
この歌、有線ではかなり有名らしい。演歌の花道。
そんな二郎がお届けする“酔虎伝シリーズ”(そうなのか?!)
第二弾は、「ブラボー酔虎伝」(2006年9月20日発売)。

このタイトルを聞いて、すぐに連想するのが居酒屋の「酔虎伝」。
この曲とはタイアップの模様。
メニューに、「特別本醸造生酒 ほろよい酔虎伝」と、 
「本格麦焼酎 ブラボー酔虎伝」があるのを発見。

って、ここまで書いたけど、本当に同じ曲だったんだよなぁ?
ちょっと不安になってきた。でも、冠二郎情報がわかったので
それでヨシとしよう♪