2009年11月5日

兼の宅急便

今日、隣り町の図書館へbankholiday二号を連れて『StoryTime』
というのに行ってきた。日本でもやっていると思うけど、図書館の
人が子供たちに本を読み聞かせてくれるっていうやつ。
読んでくれた人、かなり棒読みであんまり上手じゃなかった。

二号がDVDを借りたいというので、子供用のDVDを物色していたら、
「ハウルの動く城」と「天空の城ラピュタ」、「魔女の宅急便」があった。
子供用のDVD、全部で30本くらいしかなかったのに、宮崎駿のが
3本もあるなんて。しかも、こんないなかの町の図書館に。びっくりだ。
早速「魔女の宅急便」を借りた。英語の吹き替えだけでなく、日本語
バージョンも入っていた。やっぱり日本語じゃないと。

あー、ダラダラと"お母さんブログ"になってしまったが、本当に
書きたかったのは、

キキのお父さんも、やっぱり矢作にそっくり。