2010年8月16日

大人の事情?!

今回のオープンデーバースデーパーチーのセールにて、
唯一捕獲したチーキーちゃん↓
別に珍しくもなんともないCheeky Wishbone 2005。
eBayでおなじみの、日本限定モデル&番号が降られていない
チーキーはセールでもちょこちょこ売られているのだが、
これはタグ付き。見つけた時は、本当にビックリした。即お買い上げ。

入手後、会場内で縦横上下にひっくり返しながら見ていたら、
足の裏に付いているラベルが白地に赤字のかなるのものでなく、
普通の黄色地のものが付いているのに気づいた。これが
タグ付きでなかったら、正規品じゃないし、しゃーないかと諦めも
付くのだが、ちゃんとタグ付けててこれってどうよ?、と思い、
某お嬢さんのところに持ち込んでみた。

説明して、ラベルをかなるのものに付け替えてもらえることになった。
「タグ付いてるのに、このラベルって別の意味で珍しいかも~」と
言ったら、「セールに出すにあたって、こっちの人はかなるの
ラベルなんて知らないから付け替えたの」と、意外な情報を
教えてくれた。「あとねぇ・・・」と左足の裏の布を縫い付けてある
糸をパチンパチンと切り離しだした。そうすると、下からウィッシュ
ボーンの刺繍が!そうだ、ウィッシュボーンにはこの刺繍が
付いていたんだ。これがあるからウィッシュボーンって言うんだし。
って、その時点でやっと気づいたダメな私。
「もし、別の人が買っていたら、この刺繍はずっと隠されたままで、
永遠に気づかれなかったかもね~」と言っていた。
で、やっとあるべき姿に戻ったチーキーウィッシュボーン2005。
彼女に日本での値段を言ったら、かな~りビックリしていた。

タグが付いた日本限定は全て日本に送られると思っていたのに、
ナゼにあそこにいたんだろう?売り切れじゃなかったワケ?
謎めいたチーキーちゃんである。
ま、どんな事情があるにしろ、ずっと欲しかったので捕獲できて
本当によかった

2010年8月9日

♪これは葉の汁を吸うアブラムシ

土曜日の「さま×さま」で、さまぁ~ずが歌っていた歌を会場の
お嬢さんたちは「知らなぁ~い」と言っていたが、私は一発で
わかってしまった・・・中年・・・
お花をたいせつに。

2010年8月3日

まぶしい彼

オープンデーが終わって、そろそろ一ヶ月が経とうとしている。
来週からのデパート巡りイベントや、クリスマスの銀座三越には
行けないし、もう、私の中では今年は終わった感が。しんみりと
いうか、ドンヨリというか…

でも、そんな気分を吹き飛ばしてくれそうな色使いがコチラ↓
オープンデーで作ってもらったチーキーちゃん。
って、"ちゃん"付けしたけど、ちょっとオッサン顔。

当日、なんかベアを作ってもらっている人がチョロチョロいるな~と
思って見回してみれば、"Joint Your Own Mohair Teddy Bear"
っちゅう企画が行われていた。なんだよ、それ、聞いてねーよ!と
ビックリ。家帰ってニューズレター読み返してみたら、ちゃんと
載っていた。頭の中はOliver返品交換のことしかなかったので、
この企画の件を読み落としていた。
想定外だったのだが、モヘア製の10インチ、目は通常業務で
使われているものから選び放題、刺繍も目の前で注文付けながら
やってもらえる、それで£39.95でのご奉仕。買わない訳には
いかんでしょう。

目は色んな色やサイズ、グラスアイも選べたのだけど、やっぱり
オレンジで。頑なか。通常はお姉さんが付けてくれるのだが、
やってみるか?と言われて初挑戦。かなり力がいる。
あと、機械を使って、ジョイントをクルクルっと巻く作業
(キャロルでお馴染みの)があるが、あれもやらせてもらった。
が、かなりひんまがってしまったので、早々に退散。
口の刺繍等はペニー担当。鼻の刺繍は大きめで、太い黒い糸で
お願いした。毛並みはキャロルが豪快にザッザとブラッシング。
リボンを選んで耳にメリーソートの紙タグをバチンと付けて
出来上がり。この担当のお姉さんが、これがまたいい人で。
すっかりファンになった♪
前からだとほとんどわからないが、マズルがかなり短い。こんな
短いの初めてかも。
足の裏のラベルは、Oliverと一緒でBirthday Partyのロゴ入り。

この値段だったら、他の色であと2体くらい作ってもらえば
よかったと、今頃激しく後悔。

2010年8月2日

この辺は危ないだからね

先日(と言っても、すでに半年前になるんだ。早ッ!)の
日本滞在時に、いつかはやろうと思っていた"ビデオをDVDに
ダビングすること"をついに実行。

ダビング、簡単にできそうにもないことが判明し、業者に
依頼する羽目に。ビデオ3本を3枚のDVDにして7千円だか
8千円くらいかかった。安かったのか、高かったのか…?!

結構な大金叩いて、DVD化したそのビデオとは、
『90日間トテナム・パブ』。全話完全収録。CMもそのまま。
今となってはとても懐かしいので削除しなくてよかった。
画質は思ったほど悪くはない。

しかし、今回書きたいのは内容じゃなくて、タイトルにも
なっているパブのこと。
フィッシュマンズの歌に合わせてオープニングの映像が
流れるのだが、その途中に、このタイトルとなったパブの
場所をAtoZ(地図)で示す画が出てくる。住所は
Clyde Circus, Tottenham。
私は、この番組が始まった18年前からさっきまで、このパブの
建物はこの住所にあるもんだとず~~~~~~~~~~っと
思っていた。
しかし、さっきチラっと見た映画「FAQ About Time Travel」に、
上記のパブとそっくりの建物が出てきたので、何気に
Google Mapでこの住所で調べてみたら、そこにはそんな
建物は一切なし。2階建ての家がびっちり建っていて、
経過した年数を考慮しても、ドラマに出てきた雰囲気とは
違いすぎる。そもそも、ドラマ上でこの建物は二本の道が
交差する角にあるのに、大きい丸い道の所にある訳がない。
18年も騙されていたとは・・・

で、実際にこの建物がどこにあるのか気になってしまい、
色々調べたらついに発見!
Tottenhamでなくて、実際はIslingtonで、Roman Wayと
Wheelwright St.が交差する角にあった。
ああ、スッキリした。建物も周りも18年前とほとんど
変わっていない。でも、建物自体は、ストリートビューを見る
限りではパブじゃなくてフラット仕様っぽい。

今、カズコとカスバートのフラット(Camden)の外側の
シーンを見たのだが、もしかしたら、これもCamdenじゃなくて
B&BがいっぱいあるのでおなじみのSussex Gardensかも・・・!?

他のドラマや映画だって、設定場所と撮影場所が違うって
いうことはいっぱいあるから、このドラマでだって有り得ない
ことじゃないんだけど、わざわざ地図でココ!って出すから。
すっかり信じちゃったよ~

誰もついて来れない話題で失敬。

いつかは行ってみたい。