2007年9月20日

イタタタ・・・

すっかり秋のイギリスである。残暑とか全然関係ナシ。
だいたい、夏が来たのかも怪しい。夏っぽいなーと感じたのは、
トータルで10日ぐらいかもしれない。でも、暑さ対策ができない
イギリスにはちょうどいい。

そんな秋風ガンガン吹いている中、私は先週の土曜日から
腹痛持ち。ずーっと痛いわけでなく、1時間に一回か二回、
キューっと痛むのである。原因不明。お医者さんに診てもらえば
いいのかもしれないけれど、朝イチでチケットぴあのように、
クリニックへ当日予約の電話を何度もかけなければならない。
そんなパワーないし、そんな時間もない。

去年も一昨年も、この時期こんな状態になったので、季節の
変わり目(変わったのか?)で身体が冷えているのかもしれない。
去年だったか、BOOTS(薬局)の薬剤師にそう説明したら、身体が
冷えるっていう状態を理解してもらえなかった。『冷え』は西洋人には
ないのかも(彼はインドかパキスタン系だったけど)。じゃなかったら、
冷房がガンガンきいているスーパーで腹だし妊婦とか、春先でまだ
肌寒いのに、晴れているってだけで、タンクトップになる人なんて
いないだろう。無謀すぎ。体の構造が絶対に違う。

よって、去年の年末、日本に帰国した際に『ブスコパン』っていう
飲み薬を購入。これを飲んでからはなんとか治まってはいるが、
薬の効き目が切れてくると、キューとまではいかずキュぐらいの
痛みがある。
去年、一昨年はこの薬なしで2日くらいで完治したのだが、今回は
既に6日目突入。薬で騙し騙しやっている場合じゃないのかも。
でも、クリニック、あんまりアテにならないから・・・

年初にイギリスに戻ってきて数日経ったある晩、テレビを見ていたら
どっかできいたような名前の薬のCMをやっていた。『Buscopan』
ブスコパンであった。なんだよ、イギリスにもあるのかよ!

2007年9月17日

パジャマでおじゃま

2年前のWinter BearFestで捕獲し、その際にはご好評頂いたの
だが、私は彼の名前をずっと『Bedtime Cheeky』だと思っていた。
しかし、昨日、『The Teddy Bear Encyclopedia』を何気に
眺めていたら、『Bedtime Bertie』と記載されているのを発見。
この本、結構長く持っているのに全ッ然気づかなかった。

このチーキーのモデルは、1977年に発売された『Bedtime Bear』。
そのレプリカを、1992年に今は無きBroadwayにあったThe Unique
shopが500体限定で発売した模様。ちなみに彼は8番、なんだけど、
本当に500体全部売り出されたのかなぁ?
今、発売したら結構人気出そうな気が。でも、結構デカめだし、
ジョイントないからダメか~!?

ベアを保管するのに、ビニール袋に入れるのはやめたほうが
いいそう。袋の中が湿って、カビが生えやすくなるらしい。
湿気の多い日本なら尚更だ。
チーキーが入れられていたメリーソートのビニール袋とチーキーは
別保管で。

2007年9月7日

TESCO~Every Little Helps・・・だったらいいなー

近所のTESCO、クリスマスプディングを売り出した。クリスマスは
すぐそこだ。
クリスマスプディングっていうのは、日本でいうクリスマスケーキの
イギリス版。生じゃないから、かなり長持ち。半年くらいは軽く。
私のお口には合いませんことよ。

 日本のTESCO、その後、ネットのニュースの見出しじゃ見かけて
ないけど、その後どうよ?と思って調べたら、砧と明大前にも
オープンしてた。繁盛してる?


現在、イギリスで流れているCM。往年の二人はともかく、
あんなにニコニコした店員、Sir付けて呼んでくれて案内してくれる
店員、一人でも前に並んでいると、サッと隣のレジを開けてくれる
店員。そんな人たちがいるTESCO、一体どこに?行ってみてー。